ドコモ系のMVNOとは?まずはMVNOについて知ろう!

MVNOという言葉がスマホの話をするときに出てくるようになりましたが、一体なんのことなのでしょうか?しかも、ドコモ系やau系やらと言われるようにもなり、何のことだかよくわからないと混乱してしまう人もいると思います。そこで、今回はドコモ系のMVNOについて、またそもそもMVNOって何?といったところから解説していきましょう。

 MVNOって何?

スマホの何かを意味しているんだろうけれどMVNOって何?という人のために、詳しく説明しましょう。まずは、MVNOというのはMobile Virtual Network Operatorのそれぞれの頭文字を取った言葉になります。このMobile Virtual Network Operatorとは仮想移動体通信事業者と訳すことができます。これを聞いてもいまいち何のことかわかりにくいかと思いますが、携帯電話の回線を他の会社から借りて利用できるようにしているということになります。

このMVNOは実は2001年からすでに利用されるようになってきていたんです。それが、格安スマホという言葉が近年になって話題になってから、その元となるのはMVNOであるということが言われるようになったんですね。MVNOとはインターネットで欠かせないプロバイダと同じ位置にあるというわけです。MVNOと一言にいってもどこの回線を借りているかによって○○系MVNOと言われるようになりました。よって、ドコモの回線を借りているならドコモ系MVNO、auの回線を借りているならau系MVNOということになるんですね。

 

 

ドコモ系のMVNOについて

MVNOという言葉がどういったものかわかったところで、今回はドコモ系MVNOに注目していきたいと思います。ドコモ系MVNOは今MVNOの中でも一番多くなっています。これは、ドコモであれば通信網が全国にまで広がっているので、接続などが安定していると言われているんです。よって、MVNOに変えてみようかなと思っているなら、ドコモ系MVNOが一番おすすめになっています。

このドコモ系MVNOを利用することで、今までドコモで契約していた時のスマホ料金が1万円ほどだったのが、半額以下にまで抑えることができます。通信についてはドコモと同じなので、これはドコモ系MVNOに変える価値は十分にあるといえます。次に、ドコモ系MVNOにどんなスマホがあるのか紹介していきましょう。

 

 

ドコモ系MVNOを一挙紹介

ドコモ系MVNOは結構種類も豊富にあります。一番ドコモの回線を利用しているところが多いので、当然扱っているスマホの数も多くなってきます。DMMモバイル、IIJmio、NifMo、b-mobile、OCN モバイル ONE、ぷららモバイルLTE、mineoといったあたりがドコモ系MVNOとなっています。格安スマホの購入を考えている時に候補に上がったMVNOもあることでしょう。

DMMモバイルはとにかくやすさを求めるならおすすめになっています。また、IIJmioは気になるデータ通信量の節約をしてくれるアプリ付きとなっているので、たっぷりデータ通信量を使いたい人にとっては安心のMVNOといえるでしょう。そして、b-mobileについては、自分の使った分だけ支払うというシステムになっているのでとてもわかりやすい料金体系になっています。さらに、OCN モバイル ONEはとにかく契約している人が一番多くなっていますし、ぷららモバイルLTEはデータ通信量無制限で定額料金となっています。たくさんアプリをしたり動画やネットをしたい人にとっては嬉しいプランですね。最後のmineoも今年2015年の秋からドコモ系MVNOの販売を開始するということで、どんな機種があるのか気になるところですね。

 

 

ドコモ系MVNOがおすすめな人

ドコモ系MVNOにはいくつも会社があることがわかりましたが、その中でもどこにすればいいの?と悩んでいる人もいることでしょう。そこで、まずはドコモ系MVNOがおすすめな人はどんな人か考えてみましょう。やはり、今ドコモを利用していて、毎月の利用料金の支払いが1万円前後にまでなっている人には、ドコモ系MVNOをおすすめしたいと思います。回線は同じドコモのものを利用しているのに、スマホの機能もドコモで販売しているものとさほど変わらないのに、毎月の料金がほとんどの場合3000円や4000円といった金額にまで抑えることができます。これは、ドコモではありえない金額となっていますよね。それが、ドコモ系MVNOでは実現するんです。つまり、ドコモで契約している時と比べると、毎月の料金は5000円以上の節約につながるというわけです。

選べるドコモ系MVNOもたくさんあるので、その中から自分の気に入ったところを選んで、そこにどんなスマホがあるのかを確認すればあとは契約するだけという流れになっています。今のスマホ料金でうんざりしてしまっている人には、ドコモ系MVNOおすすめといえます。

 

ドコモからドコモ系MVNOに変えるにはどうすればいいの?

ドコモ系MVNOの魅力がどんどんわかっていく中で、ドコモからドコモ系MVNOに変えたいという人が増えてくることでしょう。でも、実際にどのようにして変更すればいいのでしょうか?その方法はシンプルでわかりやすくなっています。まずは、ドコモに行ってドコモの解約をしてきます。これは、今までどおり特に変わったところはありません。次に、どこのドコモ系MVNOにするか決まっているなら、そこのホームページを探してみます。ホームページを見ていると、購入するという欄があります。この時に以前ドコモで使っていた電話番号をそのまま引き継いで使いたいということであれば、ドコモで解約する時に予約番号を発行してもらうようにしましょう。この電話番号をスマホが変わっても使えるようにすることをMNPと言いますが、これは、連絡先に入っている人に変更したということを伝えなくても済むのでとても便利なシステムになっています。

この予約番号を控えておいて、いざMVNOのホームページに行き購入する手続きを進めていきます。一つ一つ情報を入力していく中で、予約番号を入力するところがあると思うので、そこに予約番号を間違えないように入力しましょう。そうすると、新しいスマホに変わっても電話番号はそのままで使うことができます。あとは、どのプランにするのか、オプションはどうするのか、機種はどれにするのか、送付先の住所や氏名、電話番号などの必要事項を入力していきます。これが無事完了すると、自宅にスマホが届きます。あとは、スマホの初期設定をすればいいということになります。これは、どのMVNOについてもあまり差はないので、MVNOに変えるならこの方法でやってみましょう。機種自体の操作の仕方がわからないというときも説明書がありますし、ネットで探すこともできるので大丈夫でしょう。ドコモ系MVNOは店舗がない分通信販売となってしまい、ちょっと不安にも感じてしまうかもしれませんが、無事届くと、通常のスマホと変わらないことを実感できるでしょう。

 

MVNOという言葉が飛び交っている中、主流となっているのはドコモ系MVNOなんですね。MVNOに変えるだけで毎月のスマホ料金が割安になるので、年間にしたらかなりの節約にもつながるでしょう。今の料金に不満がある人は、今までのスマホと変わりないけれどリーズナブルに利用できるドコモ系MVNOに変えてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>