格安スマホymobileの通話料を安くする方法とは?!

Ymobileといえば格安スマホの先駆け的な存在にもなっているが、店舗があることでも話題になっています。そんなymobileで格安スマホのデメリットとして挙げられる通話料の問題を解決するにはどのようにしたらいいのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

 

まずはymobileの通話料のお話

Ymobileにしても通話料を安く抑えたいと思っている人はたくさんいると思いますが、まずはどんなプランがあって通話料はいくらぐらいになっているのかということを知っておきましょう。Ymobileにはまず3つのプランがあります。シンプルに、SMLと3つのプランに分かれています。このどれもに通話料が一定時間無料になるというサービスがついてくるんです。ちなみに、Sプランの場合は基本使用料が月額2980円、Mプランで月額3980円、Lプランで月額5980円となっています。Lプランだけ、ちょっと割高に感じてしまうかもしれませんね。このどれもに通話料無料のサービスがついているということなんですが、ymobileでは1回あたり10分以内の通話であれば、他社にかけても固定電話にかけても無料となるんです。この1回10分以内が、月に300回まで可能となっているんです。ちょっとわかりにくいかもしれませんが、1ヶ月を30日と計算すると、1日に最大100分まで無料通話ができるということになるんです。これは、ymobileの強みともいえるサービスとなっています。

SMLそれぞれのプランに、すでにこの無料通話になるサービスが入っているので安心ですね。この無料通話サービスはまだ多くの格安スマホでは導入していないので、通話をよくするという人にはymobileはおすすめになっています。

 

 

 ymobileの通話料を安くするコツ

Ymobileには3つのプランにそれぞれ無料通話になるサービスがついてくると説明しましたが、それでももっと通話料を安く抑えたいと思っている人はいるでしょう。1日10回10分未満の電話がかけられるということになるので、おすすめは10分を超えそうになったら一度切ってもう一度通話しなおすという方法です。これなら、10分以内になるので、料金は発生しません。通話しながら時間ばかり気にしてしまいそうになりますが、10分以内って結構いろいろと話すことができるので、案外十分だったりもするんです。時間も有効に使えるので、時計をみながら通話をしてみるといいでしょう。

通常の格安スマホであれば、平均して30秒につき20円というお金が発生してくるので、ワイモバイルで10分以内の通話をしている間に、すでに他社では500円ほどの通話料がかかってくるようになります。そう考えると、ymobileはかなり安いといえますね。手短に通話を済ませることができるのなら、ymobileの無料通話プランがぴったりでしょう。

Ymobileで通話料を安く抑えたいなら、10分以内が無料というのを上手に使ってみると、本当に無料でたっぷり通話ができてしまうんです。

 

 

ymobileのプランを詳しく紹介

YmobileにはSMLと3つのプランがあると説明しましたが、通話SIMかデータSIMかによっても変わってきますよね。そこで、プランや料金についてもっと詳しく解説していくことにしましょう。まずは通話SIMから紹介しましょう。

やっぱりymobileで契約するなら、この通話SIMプランでしょう。Sプランが月額2980円、Mプランが月額3980円、Lプランが月額5980円となっています。Sプランは月にデータ通信量は1GBまで、Mプランは3GBまで、Lプランは7GBまでとなっています。通話SIMの場合はこれにプラスお得な通話サービスが追加されます。それが、1回に10分以内の通話であれば無料で利用できるというものです。10分以上の長電話をしてしまった場合には、他の格安スマホと同じように30秒につき20円の料金が発生してくるので注意しましょう。

次に、データSIMについて見ていきましょう。実は、ymobileではデータSIMプランは扱っていません。基本はSML3つのプランしかありませんが、そのどれもに通話がお得になるようなプランがすでについているんです。よって、よく格安スマホではデータSIMよりも通話SIMの方が料金が高くなるということが引っかかりますが、ymobileについては気にする必要がないんです。通話SIMプランのみで、プランは3種類とシンプルにまとまっているので格安スマホ初心者にとっても非常にわかりやすくなっているんです。

また、ymobileではスマホとセットでプランを販売していますが、SIMカードのみの契約も可能となっています。さらに、MNP対応なので、前のスマホと同じ電話番号を使いたいという時にも予約番号を控えておいてymobileに持っていくだけで、今までと同じ電話番号を使えるようになるんです。また、ymobileについてはymobile独自の回線を持っているので、よくMVNOである通信速度の問題などについて心配する必要もありません。ドコモやソフトバンクと同じようにymobile独自の回線を持っているんです。なので、格安スマホの中でも大手キャリアに一番近いということになりますね。

基本の3つのプラン以外ymobileにはないのでわかりやすいですが、ちょっとした注意点もあります。それが、2年契約であることです。2年経過しないうちに解約すると、解約料として9500円が発生してくるので注意しましょう。多くの格安スマホが1年契約な中、ymobileは2年契約となっているので、これは要注意ですね。この基本使用料にあとはオプション代金や端末代金がプラスされていきますが、平均しても5000円程度で抑えることが出来るので、大手キャリアのスマホを持つよりははるかにお得といえるでしょう。機種も10種類近く発売されているので、店舗に直接行って実物を見た上でどれにするか選ぶことができます。店員さんに機種のおすすめを聞いてみても参考になっていいかもしれませんね。

 

ここまでymobileについて見てきましたが、ymobileを選ぶなら通話SIMプランでスマホとセットにして契約すると、通話料も基本使用料も安くなってお得ということがわかります。通話料が1回10分までを1ヶ月に300回もできるのは嬉しいですね。その分は全部無料になるので、追加料金を支払うことになったとしても、他社でうっかり長電話をしてしまうよりははるかに料金の節約をすることができます。基本使用料についてもスマホプランに契約しておくことで、それぞれのプランから1000円引きにしてもらえるので、この割引も毎月となると大きいですよね。

格安スマホに変えてみたいけれどどこがいいかわからないというときは、お近くのymobileの店舗に行ってみましょう。大手キャリアのように店内が混み合うことも少ないので、スムーズに質問することもできます。実物を見た上で購入できるというのも店舗があるところのメリットといえるので、ぜひ利用してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>