格安スマホを使って節約する時代

格安SIM、2台持つことでメリットがたくさん?!

格安SIMをスマホ2台目として活用し始める人も増えてきていますが、2台目として持つことでどんなメリットがあるのでしょうか?そして、毎月の利用料金もいくらぐらいになるのか気になってきますよね。そこで、格安SIMを2台目に使うことについて徹底的に調べてみました。

 

格安SIMだと月々の利用料はいくらくらいになるの?

まずは、みなさんが一番気になっている利用料金についてです。実際のところ格安っていくらくらい安くなるの?と詳しい金額を知りたい人も多いはずです。どこの格安SIMにするかによっても料金には多少の誤差が生じてきますが、それでも、大手キャリアで通常通りスマホを契約することに比べたら破格の料金で利用できることは事実です。

たとえば、楽天モバイルについて見てみると、通話SIMでデータ通信量が3.1GBでも月に1600円となっています。あとは、これにスマホの端末代金がプラスになるわけですが、スマホ自体も2万円や3万円台のものからあるので、そういった機種にすることで月々の支払いも安くて済みます。平均すると1000円台で済みます。ということは、3000円や4000円くらいで十分なプランを利用できるということになりますね。楽天モバイルについてはこんな感じです。

また、DMMモバイルについても見てみましょう。DMMモバイルといえば、データ通信量の選択肢が多いので、そこから自由にえらぶことができます。通話SIMの場合でみてみますが、5GBでも1970円で2000円程度となっているんです。あとは、楽天モバイルと同じようにスマホの端末代金がこれにプラスされるだけです。そうすると、DMMモバイルについても、月々4000円ほどで使えるということになります。

こうしてみると、平均して4000円から5000円で格安SIMが利用できることがわかりますね。大手キャリアのスマホを使っているのがショックになってしまうくらい、毎月のスマホ料金の節約ができるようになっているんです。

 

 

格安スマホとプラスもう1台契約するメリットについて

最近では携帯電話を2台自分用に持っていて、上手に使い分けている人増えてきましたよね。2台も必要なの?実際に使う時は1台しか使えないんでしょ?と思ってしまいますが、賢く2台持ちすることで、メリットもあるんです。

まず、格安スマホともう1台携帯電話を契約するときにおすすめとなっているのが、あのガラケーです。スマホに切り替わってきてからガラケーを持っている人の数が急激に減ってしまいましたが、ガラケー自体製造はまだされています。このガラケーと格安スマホを一緒に持つことで、携帯料金が今までの3分の1にまで安くなるとも言われているんです。まずは、なぜガラケーと格安スマホという組み合わせがお得になるのか考えてみましょう。ガラケーは大手キャリアから発売されていますが、大手キャリアといえばかけ放題プランがありますよね。ガラケーの場合は、月に2000円ほどでかけ放題プランに入ることができます。電話料金を気にすることなく通話をすることができるのでストレスも溜まりません。格安スマホの場合は通話料において結構高くついてしまうという実態があるので、その点についてガラケーが解決してくれるということになりますね。

また、2台目に格安スマホを選ぶ理由としては、ガラケーではインターネットが不安定だからです。格安スマホであればいろんな回線を利用することができますし、さらに最近ではWi-Fiを利用できる場も増えてきたので、昔と比べるとインターネットが非常に快適になりました。この格安スマホで快適にネットをするために、ワイヤレスゲートという会社のスマホがおすすめになっています。月445円でインターネット接続が快適になるので、ガラケーの料金2000円と合わせても、合計3000円以内で通話もネットも自由にできるということになるんです。通話もネットもし放題でおいしいとこ取りをしたいということであれば、このガラケーと格安スマホの組み合わせは絶対に外すことができませんね。

 

リーズナブルな格安スマホとどんな携帯電話を組み合わせればお得になる?

格安スマホにも種類がたくさんあります。その中でどこを選ぶかは自分の好きな機種があるから、プランの選択肢が幅広いから、他社と比べると同じデータ通信量のプランでも格安だから・・・などとさまざまな理由から、自分の気に入る格安スマホを選ぶことになると思います。

そして、2台目を持つとしたらガラケーかスマホかについても悩むところです。そこで、まずはガラケーと格安スマホを組み合わせた場合の料金について、またメリットについて調べていきます。まずは、どこの大手キャリアのガラケーにしてもそこまで料金に大差はありません。あとは好みの機種やカラーなどから選んでみるといいでしょう。あくまで、このガラケーは通話の時にのみ使うことになります。

また、格安スマホを選ぶならIIJmioがおすすめといえるでしょう。つまり、組み合わせとしてはIIJmioの格安スマホと大手キャリアのガラケーということになります。このIIJmioには音声通話付き、SMS機能付き、データ通信専用と3つのタイプに分かれていますが、ガラケーで通話ができることを考えると、SMS機能付きかデータ通信専用のどちらかを選ぶことになります。そうすることで、料金も3GB SMS機能付きで1040円、データ通信専用にすれば月3GBが900円で利用できるようになるわけです。ガラケーの多くは2000円から3000円で毎月使えるようになっているので、IIJmioのプランを合わせても毎月4000円以内で済むことになりますね。

また、スマホでもあまりネットなどは利用しないのでそこまでたくさんのデータ通信量も必要ないということであれば、格安スマホはDMMモバイルに、ガラケーは好きなキャリアで選ぶようにしてみましょう。DMMモバイルについては1GBまでであれば月額660円で利用できるようになっているので、ガラケーのかけ放題プラント合わせても2000円を超えるくらいとなっています。

また、格安スマホとタブレットという組み合わせもなかなか使えるようになっています。この組み合わせにする場合は、格安スマホのプランの中にシェアプランがあるかどうかをまずはチェックしておきましょう。シェアプランを提供している格安スマホには、IIJ、ビックカメラ、DMM.com、NTTコミュニケーションズなどといった会社があります。どれも聞いたことはあると思います。よって、タブレットと格安スマホを持つのなら、これらの会社のシェアプランをチェックしてみるといいんです。

ビックカメラとIIJについては月10GBのシェアプランが月額3260円~となっています。また、DMMモバイルについては月に8GBか10GBかを選ぶことになりますが、8GBであれば2840円で、10GBであれば2950円で利用できるようになっています。それぞれのSIMカードさえ持っていれば格安スマホにでもタブレットにでも活用することができるので、この組み合わせで2台持ちしたいならこういったメーカーがおすすめになっています。

主に、格安スマホ+ガラケー、格安スマホ+タブレットという組み合わせがあるが、ガラケーと組み合わせる人は、通話をよくする人の方がいいです。格安スマホはうっかり長電話してしまうと通話料金がかさんでいくのであとで大変なことになってしまいます。一方で、大画面で動画を見たい、ネットをしたいということであれば格安スマホとタブレットの組み合わせがいいかもしれませんね。使い道によって、どの組み合わせにするのか、どこの格安スマホが一番リーズナブルで快適に使えるかどうか調べてみるといいでしょう。

 

次はMVNOとはなにかという事を解説していきます!

 

MVNOって何?MVNOの基本からプランの話まで

 

MVNOという言葉が格安スマホと一緒によく出てきますが、いまいち違いがよくわからない、大手キャリアとはどう違うの?と疑問に思っている人は多いでしょう。そこで、今回はMVNOの基本の説明から、どんなMVNOがあるのか、どんなプランがあるのかといったところまで紹介していきたいと思います。

 

MVNOって何?

格安スマホを検討する中でMVNOという4文字がよく出てくると思います。一体何のこと?何かの略称?と思っている人も多いと思います。MVNOとは、Mobile Virtual Network Operatorの頭文字を取っています。そして、これは日本語では仮想移動体通信事業者と訳すことができます。

このMVNOの特徴は、独自の回線を持っていません。キャリアから回線を借りて通信サービスをできるようにしているというものなのです。よって、MVNOに変えようとしたら、どこの回線を借りているのかを知ることができます。ドコモ系MVNOであればドコモの回線を利用しているということになり、au系MVNOということであればauの回線を借りて通信ができるようにしているということになります。こうして回線を借りていることから、大手キャリアで契約するよりもかなり安くスマホを持つことが出来るんです。

MVNOで取り扱っているプランについては、大手キャリアに比べても格安で種類が豊富になっています。よって、スマホにあまり詳しくない人でもわかりやすくプランを契約することができるということになるんです。

 

MVNOの仕組み

MVNOというものがどういうものかは先の説明で少しわかっていただけたでしょう。MVNOは大手キャリアの回線を借りていることで、格安で利用できるということについて説明してきました。この回線についてもうちょっと詳しく見ていくことで、MVNOの仕組みを知ることができます。

まず、MVNOの多くがドコモの回線を借りています。一部はauでも利用できるようになっています。MVNOを扱っている業者はドコモなどからレンタルしている回線を使って独自のサービスを提供することができるのです。ここから、いろんなMVNO業者が登場してきているのがわかるでしょう。そして、この大手キャリアから借りているのは回線のみとなっているのもポイントです。

インターネットをする際にはそれぞれのMVNOを通っていかないといけません。これによって、同じドコモの回線を借りていてもMVNOの業者によって通信速度の速い、遅いといった違いが出てくるようになるんです。そして、ドコモなどは日本のいろんな場所にドコモの基地局を建ててそこから電波を飛ばしているわけですが、MVNOはこの基地局を作らなくてもいいので余分なコストがかからずに済むんです。ここから、毎月のスマホ料金もびっくりするぐらい安くすることができたんです。

 

なぜMVNOというものができたの?

MVNOについて徐々に詳しくなってきたことでしょう。MVNOとは何か、MVNOはどんな仕組みになっているのかについてはわかったと思います。では、なぜMVNOというものが登場したのでしょうか?原点に戻ることになりますね。

MVNOは大手キャリアとお客さんのちょうど間にいるという位置関係になっています。大手キャリアで十分競争があるのなら最初からMVNOも必要ないように感じてしまいますが、決してそうではないんです。電波には限りがあります。よって、みんながみんな高速通信をできるというわけではなくなってしまうんです。いつかパンクしてしまうかもしれないというおそれもあるわけです。そこで、登場したのがこのMVNOです。

大手キャリアとお客さんの間にMVNOというものができることによって、高速通信が快適にできるようになり、使う側も便利だと感じられるようになるんです。さらに、最近登場した端末の中にはSIMフリースマホというものも多くあり、このタイプがMVNOを利用できることになるので、さらに注目を集めているのです。スマホ本体の料金も大手キャリアに比べると格安となっているので、毎月の出費を抑えるためにもMVNOが人気を集めているんです。

 

 

MVNOを使うメリットについて

MVNOは最近になって登場したものですが、とにかくスマホを利用する人にとってはいいことばかりのように感じます。そこで、MVNOを利用することのメリットについてどんなものがあるのか考えてみたいと思います。

やはり、最大のメリットといえるのが、料金のやすさでしょう。今まで大手キャリアで契約している時は、1万円前後かかってくるのは当たり前でした。しかし、MVNOを利用するようになると、5000円以内では十分に利用することができるんです。これは、毎月の出費も減らすことができて助かりますし、さらに年間で計算するとかなりの節約につながります。

そして、大手キャリアであれば2年契約というのが普通ですよね。しかし、MVNOになるとこの2年縛りもなくなるんです。2年経ってない段階で解約しようとすると、解約金として1万円ほど発生してくるというパターンがほとんどとなっています。MVNOは1年契約というところが多いので、1年我慢することで解約金を支払うことなく新しいスマホに変えることができるんです。

さらに、MVNOについては契約プランがとてもシンプルだということが言えます。データ通信量もわかりやすく、プランの表を一覧として表示しているMVNOが多いので、スマホを初めて持つという人でもわかりやすくなっています。最後に、MVNOのメリットとして挙げられるのが、好きな端末を使うことができるということです。SIMフリーという端末を選べば、自分の好きなSIMカードを選ぶことが出来るので、スマホの使い方の幅が広がるということがいえますね。

MVNOについてはこんなメリットがあるんです。どれもすごく魅力的に感じますよね。

 

 

代表的なMVNOを紹介します

MVNOについてわかったところで、実際にMVNOと言われているものにはどんなものがあるのかを見ていきましょう。今回は、代表的なMVNOを紹介していきます。よく最近耳にするMVNOとしては、bモバイルやU-mobileや楽天モバイルなどがあります。bモバイルについては、MVNOの先駆者とも言われています。つまり、一番最初にできたものなんですね。bモバイルでは自分の使いたいデータ通信量の分だけをおかわりできるというシステムになっているんです。料金の幅は500円~1500円となっています。これは、おかわりSIMと呼ばれています。月によって使用するデータ通信量は変わってくるので、それを自由に調節できるのは嬉しいですよね。

また、U-mobileもMVNOの中では人気があります。U-mobileではスマホとSIMがセットになっているプランがあるので、欲しい機種があるならこのセットを利用した方がお得になっています。高性能と言われている機種も扱っているので、格安だけどスマホの質にもこだわりたいという人におすすめとなっています。通話プランとネットプランの2種類があり、それぞれ3GB、5GB、LTE使い放題、LTE使い放題2、ダブルフィックスといったプランがあります。スマホを普通の頻度使用するという人であれば、3GBプランでも十分かと思うので、そう考えると基本使用料は1580円になります。

最後に、楽天モバイルについても見てみましょう。楽天モバイルについてもデータSIMプランか通話SIMプランの2種類から選ぶようになっています。プランはベーシックプラン、3.1GB、5GB、10GBと豊富に揃っています。さらに、楽天モバイルでは今月に使わずに余っているデータ通信量については翌月に繰り越すことができるので、無駄なく利用することができます。そして、今なら全員に月額料金が初月無料になるというお得なキャンペーンも実施しているのでおすすめです。

 

MVNO業者はたくさんあり、迷ってしまいますが、それぞれの特徴を抑えながら比較できるといいでしょう。気になるMVNOがあったら、まずはネットでサイトをチェックですね。

 

MVNOについては以下のサイトが詳しくかかれています。※このサイトも以下を参考にしました。

格安スマホ学園

http://kakuyasu-sumahogakuen.com/

 

それではMVNOのプランってどんなものがあるのでしょうか?

MVNOのSIMプランを一挙に紹介!比較もしてみました!

 

MVNOと言われている業者はいくつも存在します。その中で、今注目を集めているMVNOを中心に、それぞれのプランなどを詳しく比較していきましょう。MVNOによって独自のプランを考案しているので、比較しながら特徴を見ていきましょう。

 

MVNOを詳しく比較!

MVNOと一言にいってもこの中に含まれる業者は、今ではかなりの数増えてきました。そこで、今回は今注目されているMVNOを中心にピックアップして、スペックや料金、プランなどについて見ていきたいと思います。

まずは、ドコモ系MVNOから。これには、U-mobileや楽天モバイル、DMMモバイル、二フモ、IIJmioといったところが最近よく耳にするMVNOになっているでしょう。では、U-mobileから順に特徴を紹介していきます。

U-mobileはSIM単体プランかスマホとセットになっているプランかをまずは選ぶことになります。仮にSIM単体プランで見てみると、通話もプランとネットだけプランがあります。多くの場合、スマホで通話もできないと困ると思うので、ほとんどの人が通話もプランを選ぶことになります。この通話もプランであれば月額1480円~、ネットだけプランであれば月額680円~利用できるようになっています。容量は3GB、5GB、LTE使い放題、LTE使い放題2、ダブルフィックスの5種類あります。U-mobileの場合、最低利用期間が6ヶ月となっているので大手キャリアのような2年縛りがないので楽に契約することができるでしょう。通話料は30秒につき20円と平均的で、SMSについては国内送信であれば1通3円となっています。海外に送ろうと思うと1通100円もかかってくるので要注意ですね。

次に、楽天モバイルについて。楽天モバイルの場合もSIM単体で購入する場合のプランや料金を見てみましょう。楽天モバイルにはデータSIMか通話SIMの2つに大きくプランを分けることができます。このうちのデータSIMについては、SMS機能ありかなしかを選ぶことになります。そして、データ通信量についてはベーシック、3.1GB、5GB、10GBと4種類あります。たとえば、通話機能もプラスされた通話SIMでデータ通信量が平均をとって3.1GBであれば、月額1600円ということになりますね。さらに、楽天モバイルではその月に余ったデータ通信量を翌月に繰り越すことができるので、無駄なく利用することができます。そして、今楽天モバイルでは全員が月額料金の初月無料キャンペーンを実施しているので、MVNOへの乗り換えを考えているならおすすめです。

では、DMMモバイルについてはどうなっているのでしょうか?こちらもかなり今勢いが出てきているMVNOの1つになります。DMMモバイルの強みといえば、やはりプランの種類が豊富にあるということでしょう。容量についてはライトから1GB、2GB、3GB、5GB、7GB、8GB、10GB、15GB、20GBとかなり大量に用意されています。さらに、DMモバイルは料金の見直しもおこない、今までよりもさらにお安く利用できるようになったんです。一番多く選ばれている5GBで見てみると、通話SIMプランの場合は1970円となっています。以前は2380円だったので安くなっていますね。また、DMMモバイルといえば、8GB以上のプランにおいてシェアプランを利用することもできるんです。これは、家族や友人とデータ通信量を分け合うことができるというプラン内容になっており、データSIMか通話SIMの組み合わせによって、最大でSIMカードが何枚まで持てるかを分けています。

DMモバイルの次は、二フモについて見てみましょう。二フモには3種類のプランがあります。音声通話対応かSMS対応かデータ通信のみかの3種類になっています。音声通話プランの場合は3GBとなっており、スマホセットの場合は月額700円で、SIM単体の場合は900円が毎月の利用料となってきます。SMS対応については、5GBプランとなっており、スマホセットであれば月額1400円、SIM単体であれば1600円となっています。最後に、データ通信のみのプランは10GBと容量がかなり多くなっており、スマホセットであれば月額2600円、SIM単体であれば2800円となっています。これにスマホも二フモで選んで契約するなら、その端末代金の分割料金がプラスされることになります。

最後にIIJmioについて見てみましょう。IIJmioの場合は、音声通話つきのプランのことをみおふぉんと呼んでいますが、3GBで月額1600円~となっています。プランはミニマムスタートプラン、ライトスタートプラン、ファミリーシェアプランと3つに分けられています。これが、データ通信のみのプランとなると、同じ3GBでも月額900円から利用することができます。また、意外と使うことの多いSMS機能もつけたいとなると、SMS機能つきSIMを選ぶことになり、こちらは3GBで1040円となっています。どのプランを選んでも、MVNOだけあって料金は格安といえますね。

 

各種SIM、おすすめな人ってどんな人?

格安SIMを購入する場合には、どこのMVNOでも音声通話プランかデータ通信のみプランかを選ぶことになります。音声通話のSIMは、やはり日頃から通話をよくするという人におすすめになっています。たとえば、ワイモバイルであれば1回10分以内の国内通話が月に300回までは無料となるんです。なので、ちょっとしたことで通話をすることが多いという人には、ワイモバイルはおすすめになっています。

また、データ通信プランがおすすめな人はどういったタイプの人でしょうか?こちらについてはあまり通話はしないけれども、とにかくスマホをいじっていることが多いという人です。アプリもたっぷりする、ネットや動画の閲覧も欠かせないという人におすすめとなっています。なので、データ通信プランの中でも8GBや10GBといった大容量プランがいいかもしれません。これを扱っているのはDMMモバイルなどになります。

 

MVNOを実際使用した人の口コミを参考にしよう

MVNOにもいろいろあって、どのプランがどんな人に向いているかもさまざまだといえます。そこで、どこのMVNOにしようか迷ってしまう時は、実際にMVNOを使用してみた人の口コミを参考にしてみましょう。

 

・ワイモバイル利用者の口コミ

ワイモバイルはMVNOの中でも店舗があるということで、さっそく行ってきました。プランがSMLの3つでシンプルになっており、機種も満足いくものと出会えました。さらに、通話が1回10分以内を月に300回まで無料というサービスに惹かれました。今では毎月のスマホ料金が4000円台になり、大手キャリアの半額にまで節約することができました。

 

・楽天モバイルの口コミ

楽天モバイルはMVNOの中でも高速通信ができて、通話ができるプランでも格安だということを聞いたのでさっそく購入してみました。3ヶ月ほど経過しましたが、今までと変わりなくスマホは快適に使えていて、さらに料金が3000円以内となったので大幅な節約に成功しました。ネットも動画もアプリもサクサクできるので、ストレスなく快適です。

 

・DMMモバイルの口コミ

家族3人分のスマホ料金が毎月かさんできたので、見直しをしてみることに。そこで、知ったのがDMMモバイルのシェアプランでした。さっそく、10GBを3人で分けることにしました。ネットやアプリをしたい子供には5GBを、妻には2GB、自分には3GBという配分にしてみました。結果的には、このデータ通信量で十分使えるということがわかりました。

 

・U-mobileの口コミ

自分はアプリや動画、ネットとどれも楽しみたいタイプだったのでMVNOの中でもデータ通信量無制限のプランを探していました。そこで、そんな魅力的なプランを用意してくれていたのが、このU-mobileだったんです。使い放題というプランがあるので、さっそくこれに決めました。ちなみに、料金はというと通話プラスで3000円を超えるくらいなので、これに機種代を合わせても5000円以内で十分抑えられています。大手キャリアから乗り換えて本当によかったです。

 

このように、いろんなMVNOを使っている人の中で、多くの人が大手キャリアから乗り換えてよかった、こんなに料金が安くなるなんて嘘のようと嬉しい声が上がっています。

 

MVNOでもMNPを利用できる?MNPにまつわる話

 

大手キャリアからMVNOに変更しつつある人も増えてきていると思いますが、大手キャリアの頃使っていた電話番号は変えることになるのかな、そのままMVNOでも使えたら助かるんだけど・・・と思っている人もいることでしょう。実は、電話番号の引き継ぎはMVNOに変わってもできると言われています。このことをMNPと言いますが、詳しく見ていくことにしましょう。

 

MVNOでMNPする方法を詳しくご紹介

多くのMVNOでも、MNPすることが可能となっています。このMNPができることからMVNOに変えてみようかなと気軽に動き出す人が増えているのも事実です。そこで、まずはMNPとは何かということから説明しておきましょう。

まず、MNPとは簡単に説明すると電話番号をそのままでスマホだけ変えることができるというものです。つまりは、番号はそのままでのりかえができるということですね。大手キャリアで例をあげると、ドコモで使っていた電話番号を次にauにのりかえる際にも使えるようになるということになるわけです。これが、大手キャリア同士間だけでなく、大手キャリアからMVNOに変更する場合でも適用できるようになったんです。そのため、今までよりも簡単にMVNOに変更していく人が増えてきているんです。

そこで、次にMVNOでMNPする方法について詳しく紹介しておきましょう。まずは、今契約しているところでMNP予約というものをします。そうすると、MNP予約番号というものを発行してくれます。あとは、このMNP予約番号をMVNOで契約する際に伝えるだけでいいんです。とっても簡単ですね。ただ、MVNOの多くはネットの公式サイトから申し込むケースが多くなっているので、自分の入力ミスなどが起きないようにしないといけません。無事にMNP予約番号を入力することができると、今度はMVNO側がSIMカードの発行作業を開始してくれます。あとは、自宅で待っているだけで手元に新しいスマホやSIMカードが届くということになるんです。どこのMVNOについても基本の流れはこのようになっています。

 

即日MNPに対応しているMVNOとは?

MVNOでもMNPができるということがわかりましたが、これって即日でしてもらえないと意味がありません。なぜなら、電話機能が使えなくなってしまうからです。しかし、以前までは即日対応していないMNPが多かったので、数日間電話が利用できないなどといったデメリットがありました。それが、今では即日MNPが登場したことで、自分の契約したMVNOで簡単にできるようになったんです。

そこで、さっそく即日MNPに対応しているMVNOにどんなものがあるのかを紹介していきましょう。IIJmio、U-Mobile、楽天モバイル、OCN モバイル ONE、mineo、UQ mobileといったMVNOがあります。こうしてみるだけでもだいぶ即日MNPに対応しているMVNOは揃ってきているんですね。どこもCMをしたり最近注目を集めつつあるMVNOばかりとなっています。これらのMVNOで即日MNPができるようになっているので、即日MNPを狙っている人は参考にしてみましょう。

IIJmioはBIC SIMカウンターで、U-Mobileはヤマダ電機で、楽天モバイルは楽天カフェで、OCN モバイル ONEはゲオで、mineoとUQ mobileはネットからの手続きで即日MNPに対応しています。MVNOによって、即日MNPを対応してくれるところが違うということだけ覚えておかないといけませんね。周りに大手の家電量販店がないという人にとっては、ネットで手続きができるmineoやUQ mobileがおすすめになっています。

 

MVNOでMNPするメリット

MVNOでMNPするメリットというと、やはり大手キャリアと同じように電話番号がそのままでいいということです。この電話番号が変わるだけで、スマホが本当に変わったんだなと実感させられるぐらい引っかかってきます。その点、MVNOを契約する際にもMNPを利用するようにすると、電話番号を連絡先に入っている人に新たに伝えるという手間が省けるんです。

これによって、電話番号がそのままなので、他のアプリで電話番号が必要になる時にもわざわざ思い出す必要なく以前のスマホの時と同じように利用することができるんです。電話番号は長年使っていると次に新しく変わったときになかなか覚えられないので、MNPは本当に画期的なシステムになっていると思います。MNPのおかげで、より気軽にスマホをのりかえたりできるようになったんです。

 

MVNOでMNPするときに注意すること

MVNOでMNPすることでとにかく便利、今までの電話番号がそのまま使えるから助かるという声が多く上がっています。でも、このMNPについてはメリットばかりではありません。ちょっと注意すべきこともあるんです。その注意すべきこととはどんなことなのか、見ていきましょう。

それが、MNPをしても手元に新しいスマホやSIMカードが届くまで日数がかかるので、その間スマホが利用できなくなるということです。通常はMVNOのそれぞれのサイトで申し込みをする際に、このMNP予約番号というものを入力する流れになっています。そうすると以前と同じ電話番号を使うことができるんですが、この申し込みをしてから無事自宅に届くまで日数がかかってしまうんです。この届くまでの期間、スマホを利用することができないので、スマホに大事な用が入ってくるという場合には注意しないといけません。

なので、連絡を取りそうな相手には事前にスマホが変わるから、新しいスマホが届くまではメールや電話ができないということを伝えておくと安心でしょう。周りが心配しないように、事前にちゃんと理由を伝えておくと安心です。MVNOでMNPする際にはこういった注意点があるんです。これはうっかり忘れていて大変なことになってしまう場合もあるので、しっかりと事前に対応しておくようにしましょう。

 

MVNOを利用したMNP弾について

MNPは前のスマホから新しいスマホに変わっても同じ電話番号が使えるようにするという仕組みになっているものですが、ではMNP弾って何なんでしょうか?弾という言葉が入っていても何のことか想像がつきませんよね。このMNP弾とは、一言でいうとMNPをするためだけに回線を契約することなんです。

MNPのためだけに回線を契約して、その会社がおこなっているキャンペーンなどを利用することができるということも可能になっているんです。つまりは、正式に契約していないのにその会社のおいしいキャンペーンなどをちゃっかり使えてしまうということなんですね。このMNP弾を作ることについては、いろんな会社で詳しく説明してくれています。

Auやb-mobileでもMNP弾を作ろうと思ったら作ることができます。家に置きっぱなしになっているような機種を使って最低料金で利用できるように契約します。その後、キャリアをかえたりMVNOにすることで最新モデルのスマホを安く購入することができるんです。そして、先に説明したキャッシュバックなどのキャンペーンもしっかり適用されるというメリットづくしなシステムになっているんです。

このMNP弾でしっかり稼いでいる人もいるぐらいとなっています。今の時代、どんなことでもビジネスに早変わりしてしまうんですね。MNP弾という言葉はそこまで公にはなっていないので、実際に店舗などでは口に出さない方がいいかもしれませんね。

 

MVNOは大手キャリアと同じように気軽にMNPができるようになっているんです。電話番号が変わってしまうからなかなか変えることができないと悩んでいる人も、もう悩まずに新しいスマホを契約することができますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>